自動車板金塗装・自動車修理の事ならお任せください。

JAA-HOME

リンク集

お問い合わせ

自動車修理板金塗装とは?

自動車板金塗装とは、自動車のボデー(車体)を修理する職業です。その主な内容は、板金業務と塗装業務を経て修理完了となります。
板金業務とは、事故や衝撃 又は 老朽化により 変形したボデーを 修理する事です。技術者は専用道具を使い、車の変形を修正していきます。 スポット溶接機、MIG溶接機、スタッド溶接機、パテ修正機、ゲージ塗料、スプレーガン、工具類(ハンマー)

※道具や材料には様々なメーカーや種類があり、車種や用途によって技術者が使い分けています。今回はその一部を紹介しています。

 

近年、自動車のボデーは車重の軽量化を狙ってアルミなどの素材も採用してますが、大半が鋼板(鉄から鋼にして、それを薄く引き延ばしたもの)でできています。
その鋼板パネルを、引っ張ったり、叩いたり、交換したりして修理していきます。

板金には大きく分けて、
外に付いてるパネルを修正する事を 外板板金
中の骨格にあたる部分を修正する事を フレーム修正(内板骨格修正・ボデー修正)
変形の激しいパネルを交換することを 取替え作業 

と言います。

外板板金

外板板金例

ハンマーや当て盤又は溶接機などを使い復元していきます。

内板骨格修正・パネル取替え作業

内板骨格修正

内板骨格修正:
ボデー修正装置(フレーム修正機)など使い骨格の曲がりやねじれを修正していきます。

パネル取替え作業

パネル取替え作業:
ボルトオンパーツの取替又は溶接しての取替えなどがあります。
そのほか、板金塗装に必要な部品の取り外し、取替えなどを、建て付け調整をして不具合がないように組みつけていくのも板金技術者の仕事です。
・塗装業務は、板金業務終了後 下処理をして色を付けていきます。工程を大きく分けますと、下地工程・塗装工程・磨き工程となります。

下地工程・塗装工程

下地工程・塗装工程例

パテやサフェーサなどで下処理や表面の微調整をしていき、調色した色を塗装していきます。

磨き工程・組み付け工程

磨き工程・組み付け工程例

塗装についた小さなゴミやブツなどを取り除き、塗装表面の肌を調整します。

最終点検・仕上がり

最終点検・仕上がり例

そして、板金業務塗装業務が終わりしだい、最終点検を行い修理完了です。

ライン

ページのトップへ

 

HOMEJAAとは板金・塗装とは修理トラブル例修理例JAA会員店スクール紹介会員についてリンク集お問い合わせ正規会員掲示板一般会員掲示板

Copyright © 日本自動車板金塗装協会. All Rights Reserved.