自動車板金塗装・自動車修理の事ならお任せください。

JAA-HOME

リンク集

お問い合わせ

自動車修理トラブル例

Case1:度を越えた量のパテ

修理板金とは、衝撃による鉄板の変形を直す事だと思います。

同じようにキズやヘコミを直すと言っても、パテで整形する修理と鉄板からきれいに整形をする普通の板金塗装は違います。
ではパテでの整形とは?
鉄板の変形の修理をほとんどせずに、全てパテで整形していく方法です。

これには、大きな落とし穴があり、パネルの端の変形は板金しなければ元のパネルの形状には戻りません。パネル衝撃による加工硬化を直してなければ、後に支障(クラックや錆)がでます。

この間、修理暦のある車を再修理したのですが・・・

なんだか形がおかしいぞ。
なんだか形がおかしいぞ。


錆汁がボコボコの下側から出てきます。
錆汁がボコボコの下側から出てきます。


凄いパテ!!やっと折れた鉄板が見えてきました。
凄いパテ!!やっと折れた鉄板が見えてきました。


どうやらそのままパテを入れたみたいですね。
この後、板金をしたのですが、酷く折れて錆びてたところが粗出しをした瞬間ブチッと切れてしまいました。
なんとか形にしましたが、あまり良くはなりませんでした。

度を越えた量のパテの下には必ずと言っていいほど こんな事がよくあるのです。

鉄板からきれいに修理をする板金屋とパテの整形に頼る修理屋と、
どちらを選ぶかは、あなた次第です。


良いか悪いかではないんです。知っている上で選んで欲しいと思うからです。
こうなったのを直すのは、普通の板金屋さんですから・・・


ちなみにリヤバンパーを外してみると、

選ぶのは、あなたしだいです。
・・・。

選ぶのは、あなた次第です。

一覧へ戻る

ライン

ページのトップへ

 

HOMEJAAとは板金・塗装とは修理トラブル例修理例JAA会員店スクール紹介会員についてリンク集お問い合わせ正規会員掲示板一般会員掲示板

Copyright © 日本自動車板金塗装協会. All Rights Reserved.