自動車板金塗装・自動車修理の事ならお任せください。

JAA-HOME

リンク集

お問い合わせ

自動車修理トラブル例

Case6:直せない所で修理するととんでもないことになります
以前何処かで修理した箇所からパテが割れて錆が出ていたので、ついでに修理する事になりました。
左前後ドアとロッカーパネルの保険修理でしたが、以前何処かで修理した箇所からパテが割れて錆が出ていたので、ついでに修理する事になりました。
厚いパテを削ると鉄板はボコボコのままです。
厚いパテを削ると鉄板はボコボコのままです。
よく見ると鉄板が貼ってあります。
よく見ると鉄板が貼ってあります。
鉄板とパテの間から錆の茶色が見えます。
鉄板とパテの間から錆の茶色が見えます。
何度もパテを付けたり削ったりを繰り返したのでしょう、年輪の様になってます。
何度もパテを付けたり削ったりを繰り返したのでしょう、年輪の様になってます。
貼ってあった鉄板を取ってみました。これはブリキ?
貼ってあった鉄板を取ってみました。これはブリキ?
車側はこんな有様でした。多分板金途中で破れたのを隠したのでしょう。
車側はこんな有様でした。多分板金途中で破れたのを隠したのでしょう。
最初の事故を綺麗に直していれば破れることも無かったでしょうし、錆もでなかったでしょう。鉄板をカットします。
最初の事故を綺麗に直していれば破れることも無かったでしょうし、錆もでなかったでしょう。鉄板をカットします。
クォーターを破いてしまう技術力、パテの下から錆が発生してしまう等有り得ません。
鉄板を溶接して板金しました。リヤドアにもパテが付けてありましたが、リヤドアの損傷がパテ厚盛で収まるくらいの損傷なのにクォーターを破いてしまう技術力、パテの下から錆が発生してしまう等当店では有り得ません。
JAA会員店では、こういった事の無いように、
安心な値段と安全な品質でお客様にご利用いただけるよう取り組んでいます。
一覧へ戻る

ライン

ページのトップへ

 

HOMEJAAとは板金・塗装とは修理トラブル例修理例JAA会員店スクール紹介会員についてリンク集お問い合わせ正規会員掲示板一般会員掲示板

Copyright © 日本自動車板金塗装協会. All Rights Reserved.